顔のシワ・たるみ

目元のしわ・たるみを改善するには?すぐできるおすすめスキンケア方法

投稿日:

目元のしわ・たるみを改善するには?すぐできるおすすめスキンケア方法

鏡に写った自分の目元を見て「あれ?」と感じたことはないでしょうか。「目元がたるんできた」「しわが目立つようになってきた」と感じたらエイジングケアのサインです。

顔の中でも一番視線が集中する目元は、最も年齢が出やすい部位です。その分、目元にハリがあると、表情がいきいきとして見え、若々しい印象を与えます。

この記事では、目元の悩みを解消するエイジングケア方法と化粧品についご紹介します。

「しわを目立たなくしたい」
「たるみを引き締めたい」

というのは、誰でも一度は感じるお悩みのひとつです。自分に合ったケアで若々しい目元をキープしましょう。

目元のたるみの原因とは?

日頃から目元のスキンケアに気を遣い、アイクリームや美容液などを使用しているという方でも、加齢によるハリや肌の弾力の低下、表情しわを防ぐことはできません。

目元のたるみの原因は、

  • 加齢による肌のハリ、弾力の低下
  • 筋肉の衰え

が主な原因です。

加齢による肌のハリや弾力の低下

加齢による肌のハリや弾力の低下の主な原因は、うるおい不足によるものです。

紫外線や乾燥で目元の水分が不足し、目元のたるみの原因になります。

乾燥や紫外線など外的要因によるもの

顔には、表情筋と呼ばれる30以上の細かい筋肉がありますが、この表情筋の衰えによってたるみが引き起こされます。

目の疲れやむくみも要因の一つです。

表情が豊かな人は、この筋肉をよく動かしているため若々しく見え、逆に無表情や、感情を表に出さない生活を続けている人は、筋肉がこわばり衰えていきます。

目元のたるみ対策

目元のたるみ対策には、日々のエクササイズやマッサージが欠かせません。

表情筋を使うことで筋力が保たれ、しわやたるみを防ぐことができます。

逆に使わないと、どんどん筋力が衰え、たるみの原因となってしまうのです。

目元のたるみを解消するエクササイズ

誰にでもすぐに実践できる目元のエクササイズ方法をご紹介します。

口を大きく開ける、眉を意識してあげる、黒目を動かすといった、普段は意識して行うことのないエクササイズをするだけでも効果的です。

  1. ほうれい線を伸ばすように、口を大きく「お」の字に開ける。
  2. そのまま目線を上にあげ、黒目をできるだけ上に釣り上げる。
  3. 「1」と「2」の状態をキープしながら、下まぶたを意識して上に引き上げる。

「1」から「3」を5回以上、ゆっくりと時間をかけて数回繰り返します。

他にも、パソコン仕事で目が疲れたと感じたら、両手でピースサインを作るエクササイズもおすすめです。

中指を目頭に人差し指を目尻に当て、黒目を上下に動かすだけで、目の疲れとむくみが軽減し、たるみやしわを防ぎます。

目元のたるみを防ぐマッサージ法

美容器具を使わずに、目の下のツボを刺激するマッサージ法をご紹介します。

  • 目頭に人差し指の先を合わせ、指の腹で瞼のくぼみを覆います。
  • 目尻の斜め下の骨のくぼみにあるツボ「救後(きゅうご)」をやさしく刺激しながら、目尻に向かって弾くように人差し指を離します。
  • このマッサージを5回くらい繰り返します。

食後の隙間時間や、テレビをみながらでもできるので試してみてくださいね。

また、目の下の骨の下にある「承泣(しょうきゅう)」というツボが、たるみ防止に効果的です。

やさしく押すだけでも、目の疲れを軽減し、たるみ予防になります。

目元のたるみを改善する食生活

エクササイズやマッサージ方法と同時に、抗酸化物質を含む食べ物を摂ると効果的です。

抗酸化物質は、老化の原因となる活性酸素の発生を防ぎ、身体が酸化するのを抑える働きがあり、コラーゲンの減少を抑えてくれます。

抗酸化物質は、ビタミンAを多く含む緑黄色野菜やレバー、フラボノイドを多く含む赤ワインやブルーベリーなどが代表的です。

  • ビタミンAを多く含む食品・・・にんじん、ピーマン、カボチャ、ブロッコリーなど
  • フラボノイド・・・赤ワイン、ブルーベリー、黒豆など
  • 非フラボノイド・・・コーヒー、なす、ザクロ、ゴマ、しょうがなど
  • カロテノイド・・・トマト、ほうれん草、赤唐辛子など

ほか、バナナ、レンコンも抗酸化物質が多く含まれる食品です。

抗酸化物質を含む食品を積極的に摂取することで、身体の中から美容効果を高めましょう。

目元の保湿におすすめの化粧品

目元のたるみやしわの防止に効果的な方法をお伝えしましたが、毎日のスキンケアでも防止したいと思うのが女心というもの。

とくに紫外線や保湿対策は化粧品でのお手入れが不可欠です。

ここでは、目元の保湿対策を中心に効果的な化粧品をご紹介します。

目元の保湿におすすめの目元用化粧品

デリケートで乾燥しやすい目元の保湿には、アイクリームや目元用美容液がおすすめです。

日々のスキンケアにプラスして、集中的にうるおいとハリを与えましょう。

ディセンシア アヤナス

 

⇒ ディセンシア「アヤナス」の詳細はこちら

ディセンシア つつむ

 

⇒ ディセンシア「つつむ」の詳細はこちら

Dr.ケラー式 肌トラブル解決化粧品

⇒ ビーグレンDr.ケラー式 肌トラブル解決化粧品

 

目元のたるみやしわを改善する美容医療

スキンケアも化粧品も試したけれど、セルフケアでは効果が出ないとお悩みの方は、美容医療を検討する方も少なくないでしょう。

美容医療による治療や施述を希望する場合は、信頼できる医師やクリニックを選ぶことをおすすめします。

ここからは、一般的に美容医療で行っている治療法をご紹介します。

目元のたるみ治療「ヒアルロン酸注射」

ヒアルロン酸注射は、ゼリー状のヒアルロン酸を皮膚の中に注入して、しわやたるみのある部分をふっくらとさせ、目立たなくする治療法です。

ヒアルロン酸は、一定の期間で体に吸収されていくため、長期間は効果の持続ができません。定期的に注入を続けることになります。

1本が5万〜10万円程度で受けられますが、注入したい量によって費用が異なります。事前に医師と相談して施述をすることをおすすめします。

目元のたるみ治療「レーザー」

レーザー治療は、皮膚の真皮にレーザーを当てることで、コラーゲンを生成し、皮膚にハリを与えることを目的とした治療法です。

2万円程度から施述可能な美容外科もあり、一般的には5万円以下で受けられます。

効果をみながら回数を調整していく治療法です。

目の下のたるみ治療「ラジオ波」

ラジオ波とは、高周波で皮膚の真皮から温めて、リンパの流れや血行を促し代謝を上げる治療法です。

コラーゲンの生成が促されることで、たるみやしわが改善され、エイジング効果が高まります。

1回の費用は5〜15万円程度と高額ですが、皮膚を傷つけることなく、一度の照射で持続する効果が長いのが特徴です。

まとめ

目元のたるみやしわは、加齢が原因によりできてしまうことがほとんどです。

そのため、たるみやしわを予防し、できにくくするために、毎日のセルフケアやスキンケアを見直してみませんか。

目の疲れやむくみを放っておくのも、たるみの原因となるため、エクササイズやマッサージで軽減し、たるみ対策をするようにしましょう。

目元のたるみやしわ予防には、日々のケアと保湿が不可欠です。

毎日のケアで若々しい目元を保ちましょう。

-顔のシワ・たるみ

Copyright© 小顔110番 , 2017 All Rights Reserved.