Uncategorized

赤ら顔の原因と改善方法!おすすめできる化粧品の選び方も解説

投稿日:

赤ら顔の原因と改善方法!おすすめできる化粧品の選び方も解説

赤ら顔は顔が赤くなる症状のことですが、いつも赤いとなんだか周りから変な目で見られているような感じがして嫌ですよね。

気にならない程度ならいいのですが、誤魔化せないくらい気になってしまう人も多いと思います。

ここでは、そんな赤ら顔に悩んでいる人のために、原因や改善方法、そして赤ら顔におすすめの化粧品の選び方を基礎化粧品からカバー化粧品までご紹介しています。

ぜひ、赤ら顔に悩んでいる人は、化粧品選びの参考にしてみてください。

赤ら顔の原因と改善方法

赤ら顔ってよく聞くことがあると思いますが、具体的にどのような症状なのかよくわからない部分がありますよね。

赤ら顔とはいわゆる俗称であり、医療機関では「毛細血管拡張症」と呼ばれています。

赤ら顔は文字通り、皮膚が赤くなることを指します。皮膚が赤くなるきっかけはいろいろありますが、赤ら顔は毛細血管が拡張することによって皮膚が赤くなる症状を指します。

毛細血管が拡張すると、皮膚に血液の色が透けて現れることで一時的に皮膚が赤くなります。

しかし、原因や頻度によってその血液が、皮膚の表面に定着してしまうことで、つねに顔が赤くなってしまうのです。

これが赤ら顔の招待であり、赤ら顔とは血液の色が皮膚から透過して見えている状態ということになります。

赤ら顔になる原因とは?

赤ら顔の原因は人によって違います。これといった原因を特定することは難しいですが、以下は原因のひとつとして考えられています。

・アトピー性皮膚炎などの皮膚の病気

・ニキビの炎症

・皮膚が薄くなる(菲薄化など)

・アルコールや香辛料の過剰摂取

・気温差

・緊張など

顔が赤くなる原因をなんどもくり返してしまったり、症状が重い場合は、顔が赤くなる状態が続いてしまい、赤い色が定着してしまうことがあります。

これが赤ら顔の原因であり、赤ら顔は誰にでも起こりえる症状なのです。

赤ら顔を改善する方法とは?

赤ら顔を対処するにはまず、その原因を突き止めることが先手ですが、原因を突き止めることはかんたんではありません。

自分の赤ら顔の原因を知るには、まずは皮膚科などで受診することがおすすめです。

ちなみに、赤ら顔はスキンケアで改善することはできません。

赤ら顔は毛細血管の拡張によって引き起こされる症状なので、化粧水などの成分が直接的に毛細血管に働きかけることはできません。

しかし、毛細血管を拡張させた原因を改善することはスキンケアで可能です。

たとえば、ニキビの炎症や肌荒れなどは、スキンケアで改善することができるので、スキンケアで赤ら顔の原因を取り除くことは可能です。

また、赤ら顔が改善しても肌荒れなどが目立つと、ふたたび赤ら顔になってしまう可能性もあるため、肌の調子を整えることは大切です。

そのため、赤ら顔の原因を取り除くため、肌の調子を整えるために、しっかりスキンケアをしましょう。

赤ら顔におすすめの化粧品の選び方

赤ら顔を改善するなら、スキンケアで肌の調子を整えることと、赤ら顔の原因を取り除くことが大切ですが、すぐに改善できるわけではありません。

ここでは、赤ら顔におすすめの基礎化粧品の選び方と、赤ら顔をカバーする化粧品の選び方についてご紹介します。

赤ら顔におすすめの基礎化粧品の選び方

まず、赤ら顔におすすめの基礎化粧品の選び方についてご紹介します。

化粧品選びにおいていちばん大切なことは、自分に合った化粧品を選ぶことです。

これは基礎化粧品でも、メイクアップで使用する化粧品でも同じことです。

とくに基礎化粧品は、直接肌に触れる化粧品であるため、自分に合った化粧品を選ぶことは最重要となります。

では、自分に合う基礎化粧品ってどんな化粧品なのかご紹介します。

・肌に付けても刺激を感じない

化粧水はもちろんですが、どんな化粧品でも肌に塗ったときに刺激を感じないことはとても重要です。

まず、刺激でピリピリと感じること自体、肌を赤くする原因であり、赤ら顔をさらにひどくする可能性があります。

化粧品による刺激は、自分の肌と化粧品に配合されている成分が合わないからです。

無添加やアルコールフリーなど、低刺激で肌にやさしい化粧品であっても、成分が合わなければ刺激を感じてしまいます。

アレルギーを持っていない人でも、成分によって合う合わないがあるので、基礎化粧品を選ぶときは、数回使用して刺激を感じるかどうか様子をみるようにしましょう。

・肌をしっかり保湿できる化粧品

肌トラブルの原因の多くは「乾燥」からきます。

オイリー肌も、肌が乾燥することで水分を補うために皮脂が過剰分泌してしまうと言われています。

なので、スキンケアをするなら、肌を乾燥させないことが大切です。

そのためには、保湿成分が配合されている化粧品を選ぶことがおすすめです。

もっともおすすめなのはセラミドが配合されている化粧品です。セラミドは肌を作っている成分で、高い保湿効果が期待できます。

ただ、セラミド配合の化粧品はそこまで多いというわけではないので、ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなどが配合されている化粧品でもよいでしょう。

ただし、ヒアルロン酸やコラーゲンは分子が大きい成分なので、よりしっかり浸透させたいのであれば、分子が小さなスーパーコラーゲンやナノヒアルロン酸などが配合あsれている化粧品がおすすめです。

・炎症を抑える化粧品

赤ら顔の原因のひとつに皮膚炎やニキビの炎症などがあります。

炎症は赤ら顔だけでなく、一時的な赤みの原因にもなるので、改善させるには炎症を抑える必要があります。

炎症による赤ら顔ならば、抗炎症作用のある成分が配合されている化粧品を選ぶことがおすすめです。

成分でいうとグリチルリチン酸2Kやカツミレエキス、甘草エキス、コウキエキス、ティーツリーオイルなどです。

赤ら顔におすすめのカバー化粧品の選び方

赤ら顔はケアをしたところですぐに改善されるわけではありません。

なので、赤ら顔はスキンケアをしつつ、メイクでカバーすることがおすすめです。

では、赤ら顔をカバーするにはどのような化粧品を選べばいいのかご紹介します。

・おすすめの化粧下地はグリーン

顔の赤みを消すにはグリーンの化粧下地を選ぶのがおすすめです。

グリーンの下地は赤みを抑えつつ肌をナチュラルにトーンアップしてくれるので、透明感も生まれてきます。

また、グリーンの下地はブルーベースにもイエローベースにも、どちらの肌にもなじみやすいカラーなので、人を選ばないというのもおすすめのポイントです。

・イエローの下地もおすすめ

イエローも赤みを消してくれるカラーです。

とくに、イエローカラーが強めの赤みをカバーするのに向いています。

・コンシーラーはミックスカラータイプがおすすめ

コンシーラーと言えば肌に近い色を選ぶ人が多いと思います。

もちろん、シミやクマなどを隠すならふだんのコンシーラーで大丈夫だと思いますが、部分的に強くなっている赤みを消すなら、イエローやグリーンなど複数のカラーが入ったミックスカラータイプがおすすめです。

赤みの強さや色合いは人によって違うため、ミックスカラータイプなら、混ぜて自分の肌に合うコンシーラーを作ることができるのでおすすめです。

混ぜて使えば臨機応変に対応できますし、ひとつ持っているだけでもなにかと便利ですよ!

赤ら顔はスキンケアしつつカバーしよう!

赤ら顔の改善方法をまとめると、「原因を知るためにまずは皮膚科を受診する」「原因を改善するためのスキンケアを行う」ことです。

ただし、スキンケアをしても赤ら顔はすぐに改善されるわけではありませんので、毛所品でカバーをしつつケアすることが大切です。

赤ら顔を改善したいのであれば、まずは自分に合った化粧品選びから始めてみてはいかがでしょうか?

そして、原因がわかったら、原因に対応できる成分が配合された化粧品を選びましょう!

-Uncategorized

Copyright© 小顔110番 , 2018 All Rights Reserved.