美容整形

フォトフェイシャルとは?ニキビ・シミなどへの効果・副作用や料金について

投稿日:

フォトフェイシャルとは?ニキビ・シミへの効果や料金は?副作用はある?

今、美容マニアの間で肌に刺激が少なく、美容効果もあり、シミ、シワ、ニキビ跡や赤ら顔を総合的にケア出来る施術として評判の『フォトフェイシャル』ですが、一体どういったものなんでしょうか?

初めて耳にした方は、フォトフェイシャルがどういった仕組みになっているのか謎ですよね。

『フォトフェイシャル』について詳しくお話していきたいと思います。

フォトフェイシャルとは?

『フォトフェイシャル』という言葉の由来ですが、写真を撮る際のフラッシュのような光で施術をするところから命名されました。

別名はIPL(Intense Pulsed Light)治療やフラッシュとも呼ばれています。

フォトフェイシャルは非常に柔らかい光を利用しているので、安全性の高い美容医療と言われているのですが、その安全性だけではなく、レーザーと比較すると値段も安く、肌表面のシミやそばかす、ニキビ跡、そして赤ら顔にも効果を発揮し、たるみ、シワなどの女性の悩みに幅広い効果を発揮してくれます。

つまり一石三鳥にも四鳥にもなる、複合的な肌の悩みを解決したい方にピッタリな施術です。

レーザーとフォトフェイシャルの違いとは?

脱毛をする際に、どちらの用語も耳にした事があるかもしれませんが、簡単に説明しますとIPL(フォトフェイシャル)の光は穏やかで刺激が少なくて、レーザーはそれよりも威力が強いものとなっています。

もう少し具体的に説明すると少し科学的な要素が入りますが、実はどちらも光を使った治療であることに変わりはありません。

波長とパルス幅の違いで呼び方と効果が違ってきますので、以下で少し説明させてください。

光の波長

光の波長は光の波の長さを表すのですが、この波長が短いと、皮膚の表面に影響し、メラニン色素や赤みに反応するものとなります。

逆に波長が長いと、皮膚の深部まで影響し、古い角質の除去やコラーゲン生成を促進します。

レーザーはいくつかの種類に分かれていて、その長さによって得意な治療部位があったり、症状によって使い分けられます。

レーザーといえば単一の波長で施術するのが特徴ですが、フォトフェイシャルでは複数の波長を持つ光の複合体のため、一度に様々な症状に作用する事が可能になっています。

パルス幅

照射時間の事を表します。

パルス幅が短いと熱が拡散しにくいので、深い位置に効果を発揮し、威力が強くなります。

逆にパルス幅が広いと、熱が全体に広がり、浅く、広く、穏やかな効果があります。

レーザーでは深い位置にあるシミなどをピンポイントで狙い撃ちする効果があり、フォトフェイシャルでは皮膚全体の表面にある悩みを解消します。

エステとクリニックの違い

フォトフェイシャルという名称ですが、実はルミナス社という医療機器メーカーが製造している機械を使ったフェイシャル治療の事を表します。

医療器具を使用した医療行為ということで、正式にはフォトフェイシャルの提供が可能なのはクリニックのみになります。

では、エステで提供しているIPLやフラッシュは偽物なのかというと、そうではありません。

フォトフェイシャルという言葉が使えないため、少しニュアンスを変えてお客様へと提供している場合がほとんどです。

正真正銘のフォトフェイシャルをやりたいという方はクリニックでの施術になりますので似たような名前に惑わされないようにしましょう。

フォトフェイシャルの効果

1度でいくつもの悩みを解決出来るフォトフェイシャルですが、具体的にどのような作用があるのか見ていきましょう。

シミ、そばかす、色素沈着の解消

通常メラノサイトで作られたメラニン色素は、ターンオーバーによって自然と排出されますが、加齢や新陳代謝の低下などにより排出が滞ることでシミとして茶色く丸い形でこめかみや頬の高い位置に残ってしまいます。

主な原因は紫外線によるものが長年蓄積されて、30代を過ぎたあたりから出てきてしまいます。

そばかすは遺伝的な要素が多く、鼻の左右に出来る薄い茶色の細かい三角や、四角の形の物です。

色素沈着はニキビや傷、虫刺されなどの炎症の跡が繰り返されることによって茶色く肌に残ったくすみの事です。

上記症状に対してフォトフェイシャルでは短い波長の光をメラニンに吸収させて熱を持たせて分解させます。

肌表面の症状に対して効果を発揮しますが、深い位置にあるシミや肝斑などには効果が無いので、別の医療技術の手を借りましょう。

ニキビ跡を目立たなくさせる

光を血管やニキビの赤みに吸収させることで、炎症性のニキビや、ニキビ跡の赤みに作用し効果を発揮します。

光を当てると同時に約60℃の温熱効果で顔の血行をよくして、ニキビの原因菌を殺菌することも可能です。

ニキビ跡のクレーターと言われる肌の凸凹についてもコラーゲン生成機能が活発化することで目立たなくなります。

赤ら顔の改善

赤ら顔は、皮膚の毛細血管が温度変化やアルコールなどにより広がったものが肌を透けて見えてしまっていることが原因です。

血管は赤いため、フォトフェイシャルの短い波長が作用し、拡張した血管が熱を持ち収縮することで改善してくれます。

シワ、たるみを気にならなくする

皮膚の真皮には、お肌のハリやシワの改善をするヒアルロン酸やコラーゲンを生成する線維芽細胞が存在し、この細胞にフォトフェイシャルの長い波長の光による熱で刺激を加えることで生成活動を活発にしてくれます。

潤いUP

コラーゲンやヒアルロン酸などを生成する細胞を活発化させるため、潤いのあるきめ細かい、自然な肌を作り上げます。

肌のひきしめ効果

開ききってしまっていた毛穴が、フォトフェイシャルの光を当てることで収縮します。

イチゴのような開いた毛穴も改善することでツルッとしたお肌に生まれ変わります。

フォトフェイシャルのメリット

次にフォトフェイシャルをやることで起こりえるメリットをお伝えします。

広範囲の施術が可能

レーザーは狙った場所へのピンポイント施術になりますが、フォトフェイシャルはパルス幅が広く顔全体への施術が可能です。

1回のフォトフェイシャルでは顔全体に光を当てますので、顔全体の悩みがある方にオススメです。

皮膚への刺激がマイルド

フォトフェイシャルの施術はレーザーと比較すると照射の作用が緩やかなため痛みを感じずに施術を受けられます。

そのため皮膚の負担も少なく敏感肌の方でも安心して照射が出来ます。

他のレーザーと比較すると値段が安い

レーザーでの料金は照射範囲の種類によって左右されますが、平均すると5mmで5,000円となります。

しかしシミが複数ある場合は、5,000円×必要箇所となるため料金も高くなってしまいますね。

その点フォトフェイシャルは顔全体での施術になるため1回あたりのコストもとてもお安いです。

ダウンタイム(施術後の肌の回復にかかる時間)がない

照射の光がマイルドなので施術後はメイクをしてそのまま帰れます。

ちなみにレーザーは照射がパワフルなので施術後はシミがカサブタのようになってしまいます。

そのためレーザーを照射した場所にテープやガーゼなどを貼って肌を保護する必要があります。

フォトフェイシャルは、バレずにこっそり綺麗になりたいという方などにも評判です。

麻酔がいらない

フォトフェイシャルの肌への刺激については軽い痛みを感じることはありますが、ほぼ痛みが無かったという体験談ばかりです。

光の照射がマイルドなため事前に麻酔クリームや笑気ガスなどの特別なケアが必要なく、刺激に弱い方でも施術出来るのも安心ですね。

フォトフェイシャルの副作用について

次にやはり不安になるフォトフェイシャルを行うことでの副作用の心配です。

一つずつみていきいましょう。

回数が必要

メリットでは皮膚への刺激が低くリスクが少ない施術であることを説明しましたが、その反面1回で劇的な効果を発揮しません。
クリニックでも最低5回は施術を受けることをオススメしているため、深い部分にあるシミを取りたいという具体的な悩みがある方は、フォトフェイシャルではなくレーザーなどを選択することをオススメします。

肌に対して強い光を照射すると、炎症や火傷が発生してしまう可能性がある

事前に医師のもとでしっかりとカウンセリングを受けて施術をすれば問題がありませんが、肌の状態を見極めずに無理な施術をするとトラブルに繋がります。

フォトフェイシャルは医療技術になるため、医師が施術しなければなりませんが、まれに看護師がやっているという口コミもあります。

しっかりと調べて信頼出来るクリニックを探しましょう。

施術後にシミが出来やすくなった

施術後の皮膚はとてもデリケートなので外部の刺激を受けないよう注意しましょう。

紫外線ケアを怠ってしまい紫外線を浴びてしまうと色素沈着を引き起こしてしまいます。

実際にフォトフェイシャルをやったらどうなるの?

フォトフェイシャルの料金

1回の施術金額を調べてみると平均10,000円~30,000円で設定しているクリニックがほとんどでした。

5回以上の施術にて効果がハッキリと分かるため5回コースや10回コースといったお得なコース料金を設定していたります。

コース料金では、割引が適用されて1回あたりのコストが安くなるので、何度か施術をすることを想定するならばコース料金がお得です。

フォトフェイシャルの施術時間

フォトフェイシャルは光を照射する時間としては10-20分ですが、事前と事後のケアを含めたトータルでかかる時間は30-40分です。

施術後はメイクをしてそのまま帰れるし、当日のお風呂やシャワーもOKなんです。

フォトフェイシャルの痛み

多少の刺激はありますが、輪ゴムで肌をパチンと弾いたような痛みになります。

強めに照射した際に肌がほてりや肌が発赤を起こしたという体験談もありますので、お肌が弱いという方は事前カウンセリンで医師にお肌の状態を伝え、確認してもらってからフォトフェイシャルに挑みましょう。

フォトフェイシャルの施術の流れ

1)クレンジング

顔についているお化粧などを落とし、スッピンの状態になります。

クレンジングは貸出しているクリニックもありますが、ない場合もあるので事前に確認しましょう。

2)ジェルの塗布

照射専用の冷却ジェルを顔全体に塗布します。

このジェルには皮膚の表面に熱が篭るのを防ぎ、炎症や色素沈着を帽子します。

3)光の照射

光から目を守るためアイマスクを着用します。

4)クールダウン

冷却ジェルを取り除き、パックなどを利用して肌を鎮静させます。

フォトフェイシャルが受けられない方

これだけフォトフェイシャルを紹介していて酷ですが、実はフォトフェイシャルは誰でも出来る施術ではありません。

持病をお持ちの方や下記の症状がある方は必ず主治医に相談をして下さい。

気になる事があれば些細な事でも相談して確認をしてから施術に入るようにしましょう。

  • 日光過敏症の方
  • 妊娠中の方
  • 糖尿病、心疾患がある方
  • アートメイクを施している方
  • ペースメーカーをつけている方

まとめ

顔全体を簡単に、尚且つリーズナブルな価格でケア出来るフォトフェイシャルの人気が高いのも納得な技術ですよね。

今お肌の調子がイマイチだな~と感じている方はまずはお試しなどでフォトフェイシャルを体験してみてはいかがでしょうか?

-美容整形

Copyright© 小顔110番 , 2017 All Rights Reserved.