顔痩せエステで目指せ小顔美人!部分痩せの情報も徹底解説

小顔110番

顔の毛穴

酵素洗顔の効果とは? 使用頻度や角栓や黒ずみをなくす方法

投稿日:

酵素洗顔の効果とは? 使用頻度や角栓や黒ずみをなくす方法

今話題になっている酵素洗顔、気になりますよね。

角栓や黒ずみに効果があると、評判です。

普通の洗顔と何がちがうのでしょう?

・「酵素って聞くと効きそうだけど、酵素ってなんなの?」

・「あんまり効果があるって聞くと、コワイ気がして。酵素洗顔してはいけないって時ってどんな時?」

そんな疑問にお答えします。

酵素洗顔の特徴がわかると、その効果も納得できると思います。

酵素洗顔は毎日というより、効果的な頻度があります。

酵素洗顔では、注意点を 理解した上でおこなうことが必要です

酵素洗顔をおこなうことで角栓や黒ずみに効果があり、お悩みも解消します。

ぜひ酵素洗顔のことを理解していただいて、効果的にお試しください。

酵素洗顔の酵素の意味

酵素というと、生物が物質を消化する段階から吸収・分布・代謝・排泄に至るまでの、ありとあらゆる過程に関わっています。

つまり生体が物質を変化させて利用するのに欠かせないもの、と言われています。

たとえば酵素というと、消化酵素などがありますね。

消化酵素は体内で作られる酵素です。

消化酵素は、消化を助ける酵素で、食べ物を消化、分解、吸収させる働きがあります。

唾液のアミラーゼなどは、デンプンを分解する役割をもつ消化酵素です。

一方で、食物に含まれる酵素を食物酵素と言います。大根おろしに含まれるジアスターゼは食物酵素です。焼いた秋刀魚の一皿の大根おろしには、こんな意味があるのですね。

そうして、この消化酵素と食物酵素の両方の作用をもつと言われているのが、酵素洗顔なのです。

酵素洗顔では、たんぱく質や脂肪を分解する作用があります。

酵素洗顔とは?

酵素洗顔とは、たんぱく質や脂肪を分解する酵素がはいった洗顔料で洗顔することです。

たんぱく質を分解するはたらきによって、お肌の角質層と角栓を取り除きます。

また、脂肪を分解するはたらきで、余分な皮脂を取り除きます。

酵素洗顔の酵素成分

酵素洗顔の成分には、たんぱく質と脂肪を分解する成分が含まれます。

プロテアーゼ

プロテアーゼは、たんぱく質を分解するはたらきがあります。

皮膚の古い角質を分解します。

パパイン酵素

パパイン酵素は、プロテアーゼの一種です。

未熟な青パパイヤから抽出した食物酵素です。

パパイン酵素は、不要な角質だけを分解して取り除くという特性があります。

これは天然酵素の中でも、パパイン酵素だけにある特性といわれています。

パパイン酵素は、古くから酵素洗顔として親しまれ愛用されてきた成分なのです。

エイジングケアとしても、取り上げられる成分です。

ブロメライン

ブロメラインは、パイナップルに含まれる成分で、たんぱく質を分解するはたらきが強いことが特徴にあげられます。

生のパイナップルを食べたときに、舌が刺激されたようにビリビリすることはありませんか?

これは、ブロメラインが舌を刺激することで起こるのです。

リパーゼ

リパーゼは、脂肪を分解するはたらきがあります。

人の身体のなかにもあり、生物すべてに存在する酵素といわれています。

海洋複合酵素

海の微生物や、珊瑚などから得られた酵素をいいます。

比較的新しい酵素成分です。

酵素洗顔の効果とは?

酵素洗顔には、どのような効果があるのでしょう。

古い角質と角栓の分解

古い角質と角栓が残ると、お肌はどのようなトラブルになるのでしょうか。

・古い角質
 →古い角質層がはがれずに肌に残っていると、角質層が肥厚しくすみの原因になります。お顔に透明感が失われ、どんよりとした顔色となります。

・角栓
 →角栓は、角質、皮脂、汚れなどが混ざってできています。角栓というくらいですから毛穴を栓のように塞ぎます。大きく目立つようになると「いちご鼻」などといわれます。

・黒ずみ
 →皮脂が酸化して変色すると、茶色くにごった状態で毛穴にたまります。この状態が続くと、毛穴が黒ずんで見えるようになります。

これに対し酵素洗顔は、お肌の古い角質、角栓、黒ずみを落とします。

まず、古い角質層を分解し、新しいお肌をよみがえらせます。

古い角栓が分解されることにより、毛穴の汚れが解消されて毛穴の角栓や黒ずみがなくなります。これにより毛穴も小さくなるので、キメの整った美しい肌になります。

肌の新陳代謝の正常化

肌は、様々なトラブルをかかえたり、老化によって新陳代謝の状態が異常に陥りやすいという特徴があります。

肌の新陳代謝は、早すぎても、遅すぎても好ましくありません。

肌の新陳代謝が早すぎる場合には、何らかの原因があります。

ニキビや、発赤、乾燥による落屑などは、肌がトラブルから回復しようとして異常に早い新陳代謝を起こす反応です。

※落屑とは乾燥した角質が、くずになってポロポロふけのように落ちること、または、乾燥して角質がひび割れた状態。

トラブルというのは、身体の中での場合、食べ過ぎ飲み過ぎなどで内臓が弱った状態だったり、ホルモンの分泌が活発でお肌に悪い影響を及ぼすことです。

お肌の表面では、乾燥や刺激に過敏に反応してトラブルを起こします。

一方で、肌の新陳代謝が遅過ぎる場合はどうでしょう。

古い角質層が肌に残ったままであれば、角質層は肥厚して、お肌は暗い印象になります。

これがくすみの原因で、お顔の透明感がなくなってしまうのです。

また、くすみだけでなくお肌の新陳代謝の遅れは、大人ニキビと言われる微小面ぽう、白ニキビ、黒ニキビの原因にもなります。

これに対して酵素洗顔は、古い角質や皮脂を分解することにより、新しい角質を作ろうというはたらきを促します。

つまり、お肌の新陳代謝を促進するのです。

お肌の新陳代謝が促進されれば、お肌の透明感がよみがえり、大人ニキビの予防にもなります。

酵素洗顔の効果を実感するまでの期間

実際に酵素洗顔の効果を実感するには、どれくらいの期間がかかるのでしょう。

お肌の角質層がとれて、くすみが解消すれば、早くて1~2回で実感できます。

毛穴の場合は、大きさやどのくらい奥まで詰まっているかにもよります。

そのため、くすみの問題よりも効果を実感するのに期間を要します。一般的に1~2ヶ月くらいは必要です。

お肌の新陳代謝については、年齢や老化の進行具合によっても異なります。

一般的に、30日でお肌は生まれ変わると言われていました。

けれども、年齢によって遅くなり「年齢×1.5」で出る日数ともいわれています。

たとえば20代なら30日ですが、40代であれば60日、50代になると75日もかかってしまうのです。

このため、年齢が若ければ酵素洗顔の効果を早く実感できます。

早めに酵素洗顔でお肌のケアに取り組めば、良い状態でいられるともいえます。

一方で、ある程度の年齢であれば、効果を急がずじっくりとケアを楽しむという考えもできます。

酵素洗顔の注意点

酵素洗顔が大変効果が大きいということをご紹介しました。けれども、効果が大きければ、弊害もあります。

酵素洗顔では、どのような点に注意する必要があるかご説明します。

酵素洗顔の過度な刺激

酵素洗顔の効果を期待しすぎて使いすぎると、お肌には過度な刺激になってしまいます。

酵素によるたんぱく質を分解するはたらきが、必要な角質や皮脂までも刺激してしまいます。

その結果、

・乾燥肌の原因

・お肌の新陳代謝の促進

・お肌の免疫機能の低下

・免疫機能の低下によるトラブル

・お肌の老化

などにつながってしまいます。

お肌は、新陳代謝の促進だけが良いわけではありません。

あくまでも、正常な新陳代謝が美しいお肌をつくるのです。

分解する必要のない未成熟な角質や皮脂まで分解すると、お肌が角質になろうとします。

過度な刺激で、乾燥や免疫機能が低下し、シミやシワができやすくなります。

酵素洗顔のやり過ぎには、十分注意しましょう。

アレルギーの有無

酵素洗顔の成分では、製品の精製で、なるべくアレルギーが起こらないように配慮はしてあります。

けれどもアレルギーは、どのような成分に対してもあります。

「酵素洗顔は、植物由来で天然の成分だから安心」

と思っていても、必ずしもそうとも限らないのです。

パパインなどは、古くから伝えられ使われている成分ですので、あまり大きな問題はでていません。

けれども、酵素洗顔にはこれに限らずさまざまな成分が含まれています。

絶対安心、とかアレルギーが起こらない保証はありません。

酵素洗顔の使用感

酵素洗顔は、普通の洗顔より効果が大きく実感できると説明しました。

そのため、一番最初の使用感では、刺激を感じることがあります。

これはアレルギーではなくて、お肌の状態や、以前から使っていた洗顔料との比較で感じられる反応といわれています。

たとえば弱酸性の洗顔料を長年使っていた方が、弱アルカリ性の洗顔料を使いだしたとき最初に刺激を感じるけれど2回目からはなんともなくなるという反応に似ています。

このため酵素洗顔では、最初だけの刺激でアレルギーと判断するのではなく、2回目までは試してみるという考えもできます。

酵素洗顔をおすすめしたい方

次にご紹介するお肌のお悩みをおもちの方には、酵素洗顔をおすすめします。

酵素洗顔を試すことで、お肌の改善を特に実感できます。

・毛穴の角栓が目立ってきた。

・毛穴が黒ずんでみえる。

・お肌にくすみを感じるようになった。

・お肌が固くごわごわしてきたような気がする。

・お肌の明るさが減ったような気がする。

・化粧水や美容液を変えていないのに、浸透する感じが悪くなったように感じる。

・脂性肌でいつもお顔がテカっている。

・化粧ののりが悪くなったように感じる。

・ファンデーションの色が合わなくなってきた。

酵素洗顔を慎重に考えることが必要な方

酵素洗顔をおすすめするだけでなく、使用することを慎重に考えることが必要な方もいます。

・敏感肌の方

・アレルギーをお持ちの方

・乾燥肌の方

ただし、乾燥肌とお肌のごわごわ感はちがいます。

角質層が肥厚すれば、お肌は固く乾燥しているようにも見えます。

角質がお肌にたまって肥厚している場合は、酵素洗顔をお試しいただくことをおすすめします。

酵素洗顔を行ってはいけない場合とは?

酵素洗顔を行ってはいけない場合は、次の通りです。

・肌荒れがある場合

・炎症性のニキビがある場合

・乾燥が著しい場合

このような場合、問題が必ず起こるとは限りませんがお肌トラブルの元となるリスクが高いことになります。

酵素洗顔の実際の方法

酵素洗顔の実際の洗顔の方法についてご紹介します。

始める前に

洗顔を始める前に、鏡でよくお顔を観察します。そうすることで、どのくらい洗顔の効果があったかを評価できます。

洗顔の時間

皮脂は、夜の分泌が多いと言われています。夜の酵素洗顔をおこないましょう。

使用の頻度

酵素洗顔の頻度は、初めてのご使用でしたら、週に1回程度からをおすすめします。

酵素洗顔による刺激やトラブルがなければ、回数を週に2~3回へと増やしてみましょう。

けれども、毎日おこなうことはおすすめしません。やり過ぎには注意です。

製品のなかで、「毎日でも使える酵素洗顔」という酵素洗顔でしたら、配合の量を減らして刺激を少なくしている工夫など行っている場合があります。

説明を良く読んでお試しください。

ぬるま湯で洗顔する

洗顔するときに、お肌の負担をかけないためにぬるま湯での洗顔をおすすめします。

体温より少し低い33~35℃でおこないましょう。

十分に泡立てる

ご使用の際には、十分に泡立てることが大切です。

泡立てが不十分であれば、刺激ばかりが強くてお肌への効果も得られません。

洗顔後の十分な保湿

古い角質層がなくなって、お肌がきれいになった状態ですが、刺激や乾燥に弱い状態ともいえます。

化粧水や、美容液で十分な保湿をおこないましょう。

紫外線に注意する

洗顔後の紫外線には、十分注意する必要があります。

紫外線対策を行って外出してください。

異常を感じたら使用することを中止する

酵素洗顔をおこなうことで異常を感じたら、ただちに使用することを中止しましょう。慎重に行うことが大切です。

まとめ

酵素洗顔についてご紹介しました。

酵素洗顔の効果とはたんぱく質や脂肪を分解する作用から、

・古い角質と角栓の分解

・お肌の新陳代謝の正常化

がありました。

具体的には、

・毛穴の角栓や黒ずみ解消する。

・古い角質層がなくなって新しい透明感のあるお肌に生まれ変わる。

・お肌の新陳代謝が正常化されて、トラブルがなくなる。

ということでした。

一方で、効果が高い反面、敏感肌や、乾燥肌の方、アレルギーをお持ちの方には、慎重にご使用いただく必要があります。

また、皮膚への影響が大きいので毎日ではなく、週に2~3回などの使用にとどめておいた方が良いようです。

ご使用方法をお守り頂いて、お肌の効果が実感できる酵素洗顔をぜひお試しください。

-顔の毛穴

Copyright© 小顔110番 , 2017 All Rights Reserved.