顔痩せエステで目指せ小顔美人!部分痩せの情報も徹底解説

小顔110番

顔のむくみ 顔のシワ・たるみ 小顔になる方法

顔のむくみの原因と自宅でできる効果的なマッサージ方法とは?

更新日:

顔のむくみの原因と自宅でできる効果的なマッサージ方法とは?

「あー飲みすぎた。やる気がでないなぁ」

と歯ブラシ片手に鏡を見て、びっくり。

顔がパンパン!!ということはありませんか。

お酒を飲みすぎた日だけではなく、女性は「むくみ」についての悩みがつきません。

ぜひ、解決する方法を一緒に考えていきましょう。

むくみの原因は?

そもそも、むくみがある日とない日があるのはなぜでしょうか。

みなさんは、そもそもむくみにちゃんと気づいていますか。

朝ちゃんと、自分自身が鏡と顔をあわせて向きあう時間がありますか。

そして、いつもと同じ時間に起きているのに・・・。どうして、顔がむくんでしまうのでしょう。

答えは、とても簡単です。

それは、顔で血流が滞り、水分が溜まってしまったからです。

朝は顔が、夜は足がパンパン!?

でも、なぜ顔が朝はむくむのでしょうか。

これは、「夕方にブーツを履こうとしたらパンパンで履けない」という状況と対称的な身体の症状です。

もう、答えがわかった方もいらっしゃるかもしれません。

理由は、夜、私たちが寝ている間に、通常は上から下に流れる血流が、私たちが横になることで、違った体制で重力がかかってしまうからです。

逆に、夜に足がパンパンになるのは、私たちが直立している時間が長く、血流が頭の上から下に流れて、身体の下方に水分が溜まってしまうからです。

こう考えると、身体の仕組みは単純ですね。

むくみを感じたら朝すぐしたいこと

とはいえ、むくんだまま出勤は、テンションも上がらないものです。

1日を少しでも笑顔で過ごしたいし、調子が悪い状態ではなくベストコンディションで毎日を迎えたいものです。

出勤前に、時間がある場合は、ぜひむくみをとるために以下の方法を試してみてください。

物凄く気持ち良くて、朝から嫌な気持ちも吹っ飛び、コンディションも整って元気になれますよ。

温かい、冷たいで顔を刺激

方法は、とっても簡単です。以下の2パターンのタオルをご用意ください。

・水に濡らして軽く絞ったタオルを電子レンジで1分ほどチンした温タオル

・冬ならそのまま水道水で濡らしたタオルを絞った冷タオル(夏場は、水道水がぬるい可能性もあるので、氷水を用意するとグッドです)

まずは、温タオルで顔を温めて、ホクホク。タオルで顔を覆っている状態で、顔を押したりして気持ち良さを実感してください。

その後、冷タオルで顔を覆って、顔のほてりを冷まします。

これを、2,3回繰り返してください。

本当にスッキリして気持ちよくなりますよ。

温冷タオルとWで効果が絶大に!ツボ押し

うなじ当たりの背筋の部分と脊髄の部分を両手の親指で押しあてて上下に動かすととてもズーンと重い痛みを感じる部分にあるツボを天柱といいます。

この天柱を刺激すると血流がよくなります。温タオルを首筋に置くのも効果的ですね。

枕と体の間に濡れた温タオルを置く場合は、サランラップで包んで電子レンジであたためたタオルをそのまま置くことをおすすめします。

熱すぎる場合は、他のタオルを挟むと、温度調節もできるでしょう。

このほかに、おすすめのツボはこめかみのところにある太陽というツボを刺激することです。

こめかみを親指で押した際にズキンズキンと痛みを感じるところが太陽というツボです。

ツボを押している際はとても痛いのですが、押し終わった後にほわぁーとして気持ちよく感じます。ツボ押しもおすすめです。温冷タオルと一緒にすると、気持ち良さも倍増でしょう。

顔をくちゃくちゃにして血流をよくする

最近、何かと女性がスクールに通ったりしているヨガ。

そのヨガで顔ヨガがあるのはご存知でしょうか。

顔ヨガは、血流をよくするには簡単で、もってこいの方法です。

先ほどのタオルとは違って、短時間で何とかしたいときにお勧めの方法といえます。

やり方は、簡単!顔を、くしゃくしゃーと意識して、収縮させます。

そして、数秒たったら、「ぱぁー」と目を見開き、また口も大きく開けて顔全体を広げます。

これを数回くりかえしているうちに、むくみが解決してスッキリしますよ。

マッサージを毎日行うことで、むくみ対策をする

顔の血流を普段からよくしておくことも、むくみ予防になります。

化粧水で顔を整えるときなどに、あごの下の部分から手でさすり、血流を活性化します。

ポイントは外側から内側にさすることです。

最後にこめかみから額に引き上げて顔を軽くたたきましょう。

一連の流れを3サイクル行うと、血流がよくなるといわれています。

普段の予防対策がいざという1日の始まりで、私たち自身に笑顔と自信を与えてくれるきっかけになるかもしれません。

むくみを解決するために気を付けたいこと

これまで、顔がむくんでしまった朝の対処法を中心にご紹介し、最後に日頃から気を付けるマッサージ方法をお伝えしました。

ただ、これだけではなく、体内でむくむ原因を普段の何気ない、食生活から気を付けていきたいところです。

食生活で気を付けること

以下について、食生活で当てはまる方は要注意です。

・塩気の多い食べ物が大好き

・お酒を飲むのが好きで、つい飲みすぎてしまう

・脂質の多い食べ物が大好き!例えば、飲み会のシメのラーメンは欠かせない

塩分が多いと、身体が水分をため込もうとするため、むくみがちになります。

また、脂肪はコレステロールによって血行を悪くしてしまいます。

そして、アルコールは身体の外に水分を出してしまうため、むくみの原因になってしまいがちです。

アルコールを飲んで、のどが渇くからまたアルコールを飲んでしまうと、次の日の朝はむくんでいること間違いなしです。

いずれも、不健康になってしまう食生活の代表例だといえます。

ついつい、私たちは自分の好きなものを食べて、満足しがちですが、こういった食事の1つ1つが私たちの健康な毎日を作っているといって過言ではありません。

普段から気を付けて、自信満々の笑顔で朝を!

顔のむくみ1つでも、私たちは健康状態を推し量ることができます。

例えば、むくんでいる日々が多いのなら、「最近、塩分摂りすぎているのかな」とか「食べ過ぎているからなぁ」と振り返ることができるでしょう。

この振り返ることをするというのが何よりも大切だと思いませんか。

「あ、身体が何か危険信号を発している」というのをキャッチして、それに対してどうするかを考えて、予防してみる、もしくは気を付ける。

そういう気づきから、普段の食生活を見直したり、暴飲暴食をしている自分に気づくことができたりすることが、健康で元気な自分を作る第1歩です。

また、女性はどうしても生理周期があるために身体のプチ不調がでやすいものです。

その不調の表れの1つで”顔のむくみ”もあげられます。

その不調とちゃんと向き合って、自分を大切にケアしていきたいものですよね。

また、むくみはセルライトの原因になりやすく、しわやたるみを作ってしまう原因になってしまいます。

私たち女性の悩みとなる加齢。

加齢とともにしわが増えてしまうのはしょうがないものですが、なるべくは少なくしたいものです。

だからこそ、健康的な毎日が大切だと痛感してしまいます。

普段の何気ないプチ不調、「むくみ」。

むくみに気づいてしっかりケアするのとしないのとでは、健康的な美しさを保つには大きな差が生まれてしまいます。

だからこそ、普段から鏡をよくみて、自分の変化に気づけるようにする努力が大切ですね。

-顔のむくみ, 顔のシワ・たるみ, 小顔になる方法

Copyright© 小顔110番 , 2017 All Rights Reserved.