ホットヨガ

ホットヨガを体験するならどこ?東京で「おすすめ・安い」ところはある?

更新日:

ホットヨガの体験するならどこ?東京で「おすすめ・安い」ところはある?

「ホットヨガって気になるけど、本当に大量に汗をかくの?本当にダイエット効果があるの?」と思ったことはありませんか?

ヨガって激しい運動ってイメージがありませんし、本当に痩せることができるのか不安ですよね。

ホットヨガは気になるけど、本当に効果があるのか、大量発汗するのか不安だから、なかなか通う決心がつかない人も多いと思います。

そんな人におすすめなのが、ホットヨガスタジオの体験コースを利用することです。

体験コースならリーズナブルな料金で体験することができるので、ホットヨガってどんなものなのか知ることができます。

そこで、東京でホットヨガを体験するなら、どこがおすすめなのかご紹介したいと思います。

ホットヨガってどんなことをするの?

ホットヨガは室温40度前後で、湿度60%前後の室内でヨガを行なうことです。室温や湿度の設定は、ホットヨガスタジオによって異なります。

通常のヨガとの違いは、高温多湿の環境の中で行うことで、大量の汗をかくことができるところです。

また、高温多湿の環境で大量発汗するため、脱水症状のリスクを下げるためにも、基本的に激しい動きはせず、呼吸法とストレッチをメインに行うことが多いです。

ホットヨガの魅力は?

ホットヨガの魅力はなんと言っても、大量発汗できることです!

室温によって外側から、身体の曲げ伸ばしによって内側からと、効率よく身体を温めることができるので、代謝をかんたんにアップさせることができます。

代謝が上がることで、効率的に脂肪を燃焼することができるので、高いダイエット効果が期待できます。

また、大量発汗によって、体内にためられてしまった余分な水分や老廃物を、体外へ排出することができるため、むくみ改善にも効果的です。

ほかにも、リンパや血液の循環を促進することで、免疫力がアップしたり、美容への効果など、さまざまな効果が期待できます。

このように、健康的に美しくなれることが、ホットヨガの魅力です。

失敗しないホットヨガスタジオの選び方

ホットヨガが注目されている現在、以前よりもホットヨガスタジオが増えているため、どこを選べばいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

ホットヨガスタジオを選びで失敗しないためには、料金プランや規模などを比較することが大切です。

では、ホットヨガスタジオ選びに失敗しないためには、どのような部分を比較すればいいのかご紹介いたします。

男女別か男女共用かを選ぶ

ホットヨガスタジオによっては、女性専用・男性専用というように、専用の店舗を設けているところもありますし、男女共用のスタジオもあります。

異性がいると恥ずかしいと思う人は、専用のスタジオを選べばいいですし、とくに気にしない人や、異性が居たほうが磨きがかかるという人は男女共用のスタジオを選べばいいと思います。

この点を重要視する人もいるくらいなので、失敗しないためにも、どちらがいいのか考えておきましょう。

小さなスタジオにするか大きなスタジオにするか

ホットヨガスタジオは個人経営などの小さなスタジオから、チェーン展開している大きなスタジオまで、さまざまな規模のスタジオがあります。

大きなスタジオなら、レッスンの数が多く、設備やサービス、キャンペーンなどが充実しているというメリットがある一方、受講人数が多いのでインストラクターに質問しにくいと感じたり、更衣室やシャワー室が混んでしまうというデメリットがあります。

小さなスタジオの場合は、受講人数も少ないことが多いので、インストラクターとの距離も近くなり、気軽に相談やお願いがしやすくなります。

しかし、設備やサービス面が劣ったり、そしてレッスンの数が少なかったりします。

このように、規模によってそれぞれのメリットとデメリットがあるので、自分に合っているほうを選びましょう。

チケット制か月額制か

月額制の場合、上限が決まっているプランもありますが、通い放題を設けているところもあるので、積極的にどんどん受講したい人は月額制がおすすめです。

ただし、月額制で上限が決まっているプランも場合、上限になるまで通っていない分を翌月に繰り越すことができない場合が多いです。

もう少しゆとりを持って通いたい人は、チケット制がおすすめです。ただし、チケット制でも無期限というわけではなく、期限が決まっている場合もあるので注意しましょう。

東京でホットヨガを体験するならどこがいい?

公式サイトだけを見てもわからないことってありますよね。学校でも会社でもお店でも、実際に入ってみないとわかりません。

ホットヨガスタジオも、実際にレッスンを受けないとわからないことが多いので、まずは体験コースを利用することをおすすめします。

もし、東京でホットヨガを体験するなら、お得な料金で体験することができる、ラバ(LAVA)とカルド(CALDO)がおすすめです。

では、それぞれの体験コースについてご紹介いたします。

ラバ(LAVA)の体験コースって?

ラバの体験コースは、税込1.000円で受けることができます。

さらに、体験当日にそのまま入会をすれば、それぞれ5.000円ほどかかってしまう入会金と登録金が無料になるお得なキャンペーンも利用できます。

また、別途料金がかかりますが、ウェアやタオルのレンタルをすることもできます。

カルド(CALDO)の体験コースって?

カルドの体験コースは、税込980円で受けることができます。

さらに、バスタオル2枚とフェイスタオル1枚、ウェア上下セットのレンタルも付いているので、最小限の荷物で体験することができます。

ラバとカルドのおすすめポイントは?

どちらも、体験コースはかなりお得な料金だと思いますが、おすすめポイントは安い料金設定だけではありません。

ラバもカルドも、全国展開している規模の大きいホットヨガスタジオですが、料金プランもプログラムも異なるため、それぞれのおすすめポイントも異なります。

では、ラバとカルドのおすすめポイントをご紹介いたします。

ラバのおすすめポイント

ラバのおすすめポイントは、東京だけでも100店舗を超える圧倒的な店舗数です。

東京の端から端まで店舗が展開されているので、通いやすいのが魅力です。

また、期間限定で3.100円で通い放題が利用できるキャンペーンや、商品券がもらえるキャンペーンなど、お得なキャンペーンも多々開催されています。

そして、ラバは比較的更衣室が広めであり、シャワールームもシャンプーなどの持ち込みや使用は負荷となっており、汗を流すためだけに利用するようにできているので、シャワーや着替えで待たされることがほとんどありません。

さらに、ラバではマットを固定して広々使えるようにしたりなど、不満の声が上がった部分が改善されることがあります。

アンケートも設けられており、内容によってはインストラクターやスタッフにきちんと注意が行くそうです。

このように、悪い部分を改善してくれるのもラバのおすすめポイントのひとつです。

また、ラバでは女性専用店舗や男性専用店舗など、性別でわけている店舗もあるので、異性の目が気になる人にもおすすめです。

さらに、料金プランによっては、登録したスタジオだけでなく、他店も通えるようになるので、引っ越しや長期出張などにも対応できます。

全店利用できるプランなら、平日は会社の近くで、休日は家の近くでレッスンを受けるなど、ライフスタイルに合わせて店舗を変えることもできます。

カルドのおすすめポイント

カルドのおすすめポイントは、なんと言っても地域最安値なところです。

料金プランは、店舗によって異なりますが、その地域でいちばん安くなるように設定されているため、安い胃ホットヨガスタジオに通うならカルドがおすすめです。

さらに、トレーニングマシンが置いてある店舗は、使い放題になりますし、追加料金なしで、タオルとウェアをレンタルできるプランもあるのが魅力的です。

そして、ホットヨガスタジオなのに、会員なら事前予約なしで利用することができます。なので、突然に暇になったときや、仕事帰り、スキマ時間など、自分の都合に合わせて利用することができます。

また、別途で料金がかかりますが、店舗によっては空中ヨガや、加圧ボディメイクなどを受けることも可能です。

さらに、カルドのホットスタジオは、室温40度で湿度は55%と、ダイエットに最適な空間で設定されています。

使用している加湿器は、ミストが非常に細かいため、肌に水分が浸透しやすくなっており、汗を大量にかいても乾燥することなく、潤いのある肌をキープすることが可能です。

カルドはリーズナブルな料金設定であるものの、サービスや設備が充実しているのでおすすめです。

東京でホットヨガを体験するならラバかカルドがおすすめ!

東京にはいろいろなホットヨガスタジオがありますが、体験するなら、体験コースも会員コースもリーズナブルなラバかカルドがおすすめです。

どちらもそれぞれでおすすめポイントが違うので、予約する前に必ず、リサーチをしておくことをおすすめします。

料金プランも、設備も、プログラムも違いますので、ぜひ、自分に合ったスタジオを選んでくださいね。

LAVA

>>> ホットヨガ「LAVA」の公式サイトはコチラ


ホットヨガのカルド

>>> ホットヨガ「カルド」の公式サイトはコチラ

 

-ホットヨガ

Copyright© 小顔110番 , 2017 All Rights Reserved.