顔痩せエステで目指せ小顔美人!部分痩せの情報も徹底解説

小顔110番

美容整形

二重整形の種類と値段って?腫れや跡は気にならない?

投稿日:

二重整形の種類と値段って?腫れや跡は気にならない?

目元をパッチリさせたい、もっと印象的な目元にしたい…そう思っている人は多いでしょう。

目元は顔の印象を変える大きなポイントです。

そのため、美容整形外科で目元を整形する人はとても多いといわれています。

二重になりたい…そう強く思ったら、整形を使用と考えるでしょうが、整形となるとやっぱり少し不安を感じてしまいますよね。

二重整形はどのような手術なのか、メリットやデメリット、手術の種類なども詳しくご紹介します。

何一つ心配・不安がない状態で二重整形施術を受けられるように、そして理想通りの目元を手に入れられるように、参考になる情報をご提供していきます!

二重の整形は良く行われている?

美容整形外科では、様々な手術がおこなわれています。

その中で最も多く、定番なのが二重整形です。整形と聞くと、何だか大きな手術になりそうで怖い…手術と聞くと不安…と思ってしまうかもしれませんが、最近は二重手術を気軽に受ける人も増えています。

目元の印象が変わるだけで、見た目も大きく変わります。

パーツとしては小さな部分かもしれませんが、大きな影響を与えるパーツといえるでしょう。

美容整形外科でも手術の種類が豊富に取り揃えられているので、納得できる二重整形をするために、色々比較してみるといいですね。

二重まぶたの手術方法

まずは二重まぶたの手術方法について解説します。

埋没法

埋没法は気軽にできる二重整形手術です。

あまり大きく切開をする必要はないので、瞼を切るのが怖い…という人でも挑戦しやすい手術ではないでしょうか。

基本的な方法としては、瞼に糸を結び付けていきます。

結ぶ個数は1点の場合もあれば2点の場合もありますし、それ以上になることもあります。

一般的に留める数を増やすほどに糸が固定されて取れにくくなるのですが、費用が高くなったり腫れやすくなったりするので、そのあたりは瞼の状態を見ながら、相談して決める必要がありそうです。

どこで結ぶかによって手術方法が分かれているので、詳しくご紹介します。

1.瞼板法(けんばんほう)

作りたい二重のラインに沿って、瞼板に糸を結び付けていきます。

軟骨に糸を結び付けていくのですが、結ぶ軟骨がしっかりとしているので、二重のラインが安定しやすいです。

二重の手術から時間が経っても変化することが少ないといわれています。

ただし、軟骨と瞼はつながりがないため、糸が取れてしまう可能性はあります。

瞼の裏側に直接糸が出てしまう構造になっているので、糸が眼球に当たってしまうリスクもあります。

2.挙筋法(きょきんほう)

作りたい二重のラインに沿って、筋肉に糸を結び付けていきます。

瞼板法では軟骨に糸を結び付けますが、その奥の筋肉に結び付けていくので、糸が取れてしまう心配は少なくなります。

瞼の裏に糸がでて眼球に当たることもありません。

ただし、筋肉は瞼を持ち上げる役目を持っているので、糸を結びつけることによって筋肉が痛み、その影響で眼瞼下垂という、瞼が垂れてきてしまう症状が起きる可能性もあります。

 

埋没法は手術後に痛みや腫れがあるものの、2日から3日ぐらいでピークを過ぎ、1週間から長くても2週間ほどで腫れや痛みもなくなっていきます。

腫れが完全になくなるのは1ヶ月から2ヶ月後ぐらいといわれているので、それまではあまり瞼に強い刺激を与えないように気を付けてくださいね。

また結びつける個数が増えれば痛みや腫れがひくまでの時間も長くなるので、個数が多くなった場合は平均的な期間よりも少し長い期間を見ておきましょう。

埋没法の値段

埋没法は比較的安い値段で手術が受けられます。

留める点数にもよりますが、安くて1万円ぐらいから、高くなると20万ぐらいになる場合もあります。

特に値段を左右するのは留める点数の違いなので、金額については美容整形外科で相談してみてください。

切開法

切開法は瞼を切り、それを縫合して二重を作る手術方法です。

メスをいれて切ることになりますが、その分くっきりとした二重を作れるというのが特徴です。

切開する範囲によって少し手術法が異なるので、それぞれご紹介します。

1.全切開

瞼全体を切開して結合する手術です。

瞼に脂肪が多くて腫れぼったい印象だった目元だった人でも、手術によって余計な脂肪は取り除くことができるため、今まで厚い瞼で悩んでいたり、埋没法ではうまく二重にならなかった人でも、二重にすることができます。

幅広でくっきりとした二重を手に入れやすい手術ですが、大きく切開しているので腫れや痛みがひくのには時間がかかります。

2.部分切開

全切開よりも切る範囲が狭くなります。

基本的に手術の流れは同じですが、切る範囲が狭い分恐怖心も少なくなりますし、傷跡が残ってしまう心配も減ります。

くっきりとした二重になれますし、生まれつき二重だったかのような自然な二重になりやすいです。

ただし、幅が広い二重を手に入れるためには部分切開では不十分なところもあるため、部分切開で二重になれるかどうかは相談しながら進めていきましょう。

 

切開法はどれぐらい瞼を切開するかどうか、によって異なります。

ただし、費用面で考えると全切開も部分切開も基本的に費用は変わらない、という美容整形外科が多いです。

切る範囲よりも、切るかどうか、ということで料金は設定されているため、どちらでも同じなのです。

全切開か部分切開かは、どんな瞼になりたいかによって使い分けることになるので、相談してみてどちらが最適な手術法か、考えて手術に挑みたいですね。

切開法は埋没法よりも腫れや痛みがひくまでに時間がかかります。

全切開の場合は痛みや腫れがひくまでに長くて4ヶ月ぐらいかかる場合もありますし、部分切開でも3ヶ月ぐらいかかる可能性があります。

また二重が定着するまで、全切開は1年、部分切開でも半年ほどはかかるといわれています。

定着するのに時間はかかりますが、その分理想通りでくっきりとした二重が手に入りやすいです。

切開法の値段

切開法は埋没法と比べて値段が高くなります。

全切開でも部分切開でも基本的には同じで、安くても10万円前後、高くて30万円以上になることもあります。

手術で脂肪を取り除くかどうかによっても異なるので、こちらも値段については美容整形外科で相談してみてください。

二重まぶたの種類

二重整形をする前に、二重まぶたの種類をご紹介します。

整形をする際にどんな二重まぶたにしたいのか決める際に参考にしてください。

末広型

末広型は、目頭→目尻へと二重の幅がどんどん広がっていくことから、名前がついています。

目頭に蒙古ひだと呼ばれるものが日本人の多くにあります。

目頭と白目の間にピンク色の部分はありませんか?これが蒙古ひだです。

蒙古ひだとまぶたに脂肪がついて、末広型まぶたになっていきます。

どうして脂肪がついてしまったのかというと、これは日本人ならではの理由があるようです。

黄色人種は元々寒い地域を中心に生活していました。

そのため、寒さから守るためにまぶたにも脂肪がつき、ひだが発達した、といわれています。

末広型まぶたでも二重の幅が広いとしっかりと二重になるのですが、二重の幅が狭いと上のまぶたが覆ってしまい、奥二重になります。

平行型

平行型は目頭から目尻にかけて同じ幅の二重になっています。

蒙古ひだの発達が少ない人やまぶたに脂肪があまりついていないタイプの人に平行型は多いでしょう。

見た目もすっきりとしているので、目も大きく見えるのが特徴です。

平行型にも幅が広いタイプと幅が狭いタイプがあり、広いタイプだと華やかな目元になりやすく、狭いタイプだと少しシャープな印象の目元になります。

どちらも目元は印象的になりやすいのですが、幅の広い・狭いによって与える印象も大きく変わります。

二重になって自信を持とう

二重になりたいと思っている人の多くが、今自分の目元にコンプレックスを感じている人だと思います。

目元のせいで目つきが悪いと言われる、いつも怒っていると言われる、人と目を合わせるのが苦手…なんて悩みも、二重にして目元に自信がつけば吹き飛んでいきますよね。

二重整形は、今までの自分を変えて自信を持つための手段です。

丸ごと生まれ変わる気持ちで、二重整形をして理想の目元を手に入れませんか?

-美容整形

Copyright© 小顔110番 , 2017 AllRights Reserved.