ダイエット・痩身

青汁ダイエットの効果とおすすめのやり方!飲むタイミングなども解説!

投稿日:

青汁ダイエットの効果とおすすめのやり方!飲むタイミングなども解説!

SNSを中心に話題になっている青汁ダイエット。健康的に美しく痩せられるとして、いま注目されているダイエットだそうです。

ここでは、青汁ダイエットの効果と魅力、そしておすすめの飲み方やタイミング、注意点など、青汁ダイエットのいろいろなことをまとめています。

ぜひ、青汁ダイエットを検討している人は、参考にしてみてください!

青汁ダイエットの効果と魅力

まずは、青汁ダイエットの効果についてご紹介します。

青汁ダイエットは文字通り、青汁を飲むダイエットですが、青汁にはたくさんの栄養素がぎゅっと詰まっているため、ダイエット効果はもちろん、そのほかにもさまざまな効果が期待できます。

青汁ダイエットには以下のような効果が期待できます。ダイエット効果としては、

・カロリーコントロール

・デトックス効果

・便秘やむくみを解消する効果

などが期待できます。

また、健康や美容面などでも以下のような効果が期待できます。

・免疫力を高める効果

・アンチエイジング効果(活性酸素の増加を抑える)

・骨や皮膚を丈夫にする

・血圧の上昇を抑える

ダイエット効果だけでなく、健康や美容面でもさまざまな効果が期待できる理由は、青汁はたくさんのフルーツや野菜を使って作られているからです。

フルーツや野菜に含まれている栄養素が、さまざまなうれしい効果をもたらしてくれるのです。

そして、青汁はたった1杯飲むだけで、ふだんの食事では不足しがちな栄養素なども、しっかり摂取できるお手軽さがあります。

このお手軽さこそ、青汁ダイエットの大きな魅力だと言えるでしょう。

青汁ダイエットのやり方

では、青汁ダイエットのやり方についてご紹介します。

主な青汁ダイエットのやり方は、食事の前に青汁を飲むというやり方です。

食事前に青汁を飲むことで、食べ過ぎを防止し、摂取カロリーをコントロールすることができるようになります。

ポイントとしては、必ず食事前に飲むことです。食前に飲むことでお腹が膨れて、食べ過ぎ防止につなげることができます。

短期間で確実にダイエットする方法

青汁ダイエットは食前に飲むだけでなく、置き換えダイエットをすることも可能です。

食事の代わりに青汁で置き換えることで、カロリーを大幅にカットすることができるようになります。

そのため、短期間でしっかりダイエットをすることが可能です。

ただし、極端な置き換えはリバウンドしやすくなるため、1食のみ置き換えて、あとは食前に飲むなどして、食事はきちんと食べるようにしてください。

青汁を飲むタイミングっていつがいい?

青汁は飲むタイミングによって、期待できる効果が変わってきます。

ダイエットとして活用するなら以下のようなタイミングで飲むことがおすすめです。

ダイエット中の栄養補給がしたい場合

ダイエット中はさまざまな栄養が不足しやすくなります。

栄養が不足することで、逆に痩せにくくなることも…。

このような、ダイエット中の栄養不足を回避するために、青汁で栄養補給をしたいという人は、朝起きてすぐに飲むことをおすすめします。

睡眠中は汗をたくさんかくため、思っている以上にエネルギーが消費されています。

エネルギーが消耗されていることで、目覚めてすぐのタイミングは、体が栄養を吸収しやすい状態になっているのです。

なので、目覚めてすぐ青汁を飲むのがおすすめです。

なお、空腹時に冷たい飲み物を飲むと、胃に負担がかかるので、口の中で少し温めてから飲み込むなどして、ゆっくり時間をかけて飲むことをおすすめします。

カロリーコントロールがしたい場合

カロリーコントロールがしたい場合は、食前や食事の置き換えとして飲むことがおすすめです。

空腹時に青汁を飲むことで、食物繊維が満腹中枢を刺激してくれるので、食べ過ぎを防いだり、無理なく置き換えができたりします。

さらに、食前に青汁を飲む場合は、血糖値の上昇がゆるやかになるため、脂肪が蓄積されにくくなります。

すなわち、太りにくい食事ができるようになるということです。

お通じをよくして便秘を解消したい場合

便秘はむくみなどの原因になるダイエットの大敵です。便秘を解消したい場合は、青汁を夜寝る前に飲むことをおすすめします。

青汁に含まれている食物繊維によって、腸内環境が整えられ、便秘解消につながります。

ただし、就寝前に食物繊維を摂取すると、腸が動いてしまい、気になって眠れなくなる、気分が悪くなるという人もいるので、そのような場合は、少し早めに飲むことがおすすめです。

青汁ダイエットの注意点

青汁ダイエットをするにあたって、注意点がいくつかあります。

まずは青汁は1日に最大3杯までにすることです。青汁にはたくさんの栄養素が含ま割れているので、食事代わりにしたり、間食として飲んだりしてもOKですが、飲みすぎてしまうと、腸内環境が乱れて便秘や下痢を引き起こすことがあります。

また、青汁の飲み過ぎはミネラル欠乏症を引き起こす可能性があるので、青汁は飲みすぎないように注意しましょう。

ほかにも、注意点としては、無理な置き換えはしないようにしてください。

1日1食程度の置き換えなら問題ありませんが、3食すべて置き換えるなど、極端な置き換えは危険です。

極端に置き換えることで、摂取カロリーは一気にダウンしますが、食事をもとに戻したときに、一気にリバウンドしてしまう可能性があるからです。

リバウンドしてしまうと、さらに痩せにくくなるので要注意です!

そして、青汁ダイエットは体重を減らすことは可能ですが、飲むだけで脂肪が燃えるわけではありません。

しっかり体を引き締めたいのであれば、青汁を飲むだけでなく、適度に運動を取り入れるようにしてください。

適度な運動は、青汁ダイエットの効果も高めてくれるので、ぜひ青汁ダイエットと併せて行ってくださいね。

青汁ダイエットに注意が必要な人

青汁は栄養素がたっぷり含まれていますが、青汁を飲むこと自体おすすめできない人がいます。

以下に当てはまる人は、青汁を飲むこと自体おすすめできないため、青汁ダイエットができない可能性があるので注意しましょう。

・食物アレルギーがある人

複数の野菜やフルーツを使用しているため、知らずにアレルゲンとなる食品を摂取してしまう可能性があります。

食物アレルギーがある人は、必ず原材料などを確認してから青汁を飲むようにしてください。

・肝臓に障害がある人

肝臓に障害がある人は、カリウムの排出が十分にできない場合があります。

青汁は主に、ケールを主原料としているため、カリウムが豊富に含ま割れています。

肝臓機能に障害がある人が、カリウムを大量に摂取してしまうと、手足のしびれや不整脈などを引き起こす高カリウム血症になってしまう場合があるのです。

そのため、肝臓に障害がある人は青汁ダイエットをすることはできません。

・ワルファリンを処方されている人

青汁にはビタミンAが多く含まれているため、ワルファリンの効果を低下させる可能性があります。

ワルファリンを処方されている人の中には、ダイエットが必要な人もいると思いますが、薬に影響が出てしまうので、青汁ダイエットはしないようにしましょう。

青汁で健康的にダイエットしよう!

置き換えダイエットや食事制限ダイエットは、栄養が不足しやすくなりますが、青汁には栄養素がたっぷり含まれているので、たっぷり健康的にダイエットをすることができます。

ダイエット効果はもちろんですが、健康や美容にも青汁はいいので、健康的に美しく痩せたい人はぜひ、青汁ダイエットに挑戦してみてくださいね!

ただし、いくつか注意点もありますので、注意点を守りながら、無理のない範囲でダイエットをしましょう。

-ダイエット・痩身

Copyright© 小顔110番 , 2017 All Rights Reserved.